時間銀行

ぱたくそ 引き寄せLife

今日は先日改めて読んで、我が娘にも伝えたい作者不明の詩をご紹介したいと思います。
見聞きしたことのある方もいらっしゃるでしょうが、たまに改めて読むとふと何かに気づかされることってありますよね。

時間銀行

不思議な銀行があります。

その銀行は、毎朝あなたの口座に
86400円を振り込んでくれるのです。

老若男女、貧富の差を問わず、公平に振り込んでくれます。

ただし、ひとつだけルールがあります。

もし、86400円を、その日のうちに使い切らなかった場合、
その夜、あなたが眠りについた途端、残したお金はすべて消されてしまうのです。

あなただったらどうしますか?
きっと、毎日全額を引き出し、
その日のうちに使い切るのではないでしょうか?

私たちは、一人ひとりが同じような銀行を持っています。
それは…
「時間」です。

毎朝あなたに、86400秒の時間預金が与えられます。
そして毎晩、その日の残高は消されてしまいます。
それは、翌日に繰り越されません。
それは、貸し越しできません。

もし、あなたがその日の預金を使い切らなければ、
あなたはそれを失ったことになります。

過去にさかのぼることはできません。
あなたは、「今日」与えられた預金の中で「今」を生きなければならないのです。

振り込まれた86400秒は、あなたがどのように使おうと自由です。

でも、「今日」だけにしか使えない、貴重な86400秒です。
「怒ること」や「悲しむこと」に使うのはとてももったいないことです。
「楽しむこと」や「喜ぶこと」に使うべきです。

与えられた時間を、
「健康」「幸せ」「成功」のために活用してください。

『1年の価値を知りたければ落第した学生に聞いてみなさい』

『1ヶ月の価値を知りたければ、未熟児を産んだ母親に聞いてみなさい』

『1週間の価値を知りたければ、週刊誌の編集者に聞いてみなさい』

『1時間の価値を知りたければ、待ち合わせをしている恋人たちに聞いてみなさい』

『1分の価値を知りたければ、電車をちょうど乗り過ごした人に聞いてみなさい』

『1秒の価値を知りたければ、たった今、事故を避けることが出来た人に聞いてみなさい』

『0.1秒の価値を知りたければ、オリンピックで銀メダルに終わってしまった人に聞いてみなさい』

あなたの持っている、「一瞬、一瞬」を大切にしてください。

もし、あなたが「今」、誰か特別な人と過ごしているのなら、
そのかけがえのない「一瞬」を
心から味わうことです。

きっと、その人は、あなたの時間を使うのに、十分ふさわしい人でしょうから。

時計の針は、刻一刻と走り続けています。
決して、私たちを待ってはくれません。
だから、「今日」を大切にしてください。
「今」を心から味わってください。

「Yesterday is history」
昨日はもう過去のこと。

「Tomorrow is a mystery」
明日はまだ未知のもの。

「Today is a gift」
今日は神様からの贈り物。

だから英語では、「現在」のことを、
「プレゼント」(present)と呼ぶのです。

 

☆ランキングに参加してます。応援crickして頂けると励みになります☆(1日1回有効)

にほんブログ村



コメント

タイトルとURLをコピーしました