ポジティブ転換法

ポジティブ心理学

数あるサイトの中から当サイトにアクセスして頂き本当にありがとうございます!
初めましての皆様はプロフィールからどうぞ☆

このサイトでは、私の日常生活から、引き寄せの法則を実践することで、どんなことが起きているのかをお伝えしています。

もちろん、一見いい事ではないアクシデントもあります。
ただその出来事を自分の中でどう対処して、向き合うか?によってその後の展開は大きく変わります。

つまりは、負の連鎖にするのか? 断ち切るのか? 災い転じて福となるか?
パターンは様々です。

その前に、そもそも引き寄せの法則って何?
という方は、引き寄せの法則とは?からどうぞ☆

引き寄せの法則はなんとなく知ってるけど、もっと引き寄せ上手になりたいというかたは、引き寄せの法則豆知識を参考にして見て下さい☆

SNS含むフォロワーさん、応援clickして頂いている皆様には重ねて御礼申し上げます。
そして今後もよろしくお願いします(⌒∇⌒)☆

ポジティブ転換法

普段ネガティブ思考癖が根づいちゃってる人に、いきなりポジティブになれって言われても厳しいと思うんですよね。

でも、全ての出来事、物事には必ず二つ以上の捉え方・見方が出来るんですけど、
つまり、今とある出来事に対して、ネガティブな捉え方をしてても、今より少しだけ気分が軽くなる見方も出来ることを知っておいても別に損はないと思うんです。

例えば、過去の私の例で言うと、
私の私のトラウマ体験談の件でね、私は親から見放された気分でいたわけですよ。

で、実の親に見放された自分が、他人に愛されるわけがないって、当時本気で思ってたんです。
てかその後しばらくずっと思ってました。

それでも恋はする訳で、愛されたかったんですよね。

気づいたら、私恋多き女でした(笑)

つまりね、私その時々で誰かに愛されてたんですよ。

そのことに気づいてから、私は男を見る目がない(今は違う。と思う)だけで、愛されない訳ではないって思うようにしたんです。
トラウマは過去のことであって、それを含めた今の自分は、愛される存在なんだって愛されてもいい存在なんだって少しずつ時間を掛けて、その思いを確証に変えていったんです。

そして、今、私は自分自身が大好きです😁

障害や難病の子を持つ親たちへ

もう一つ例をあげましょうか。

例えば、子供に障害や難病が発覚した時。
親は健康に産めなかった自分を責めてしまいがちです。

それは、障害や難病に対して、ネガティブなイメージを持っているからなんですよね。

と同時に可哀想だという感情も含まれるでしょう。

でもそれは、目に見える世界の発想なんですよ。

私は別に霊とか神とかの存在を信じろとか言いたい訳ではありませんし、それらの存在を否定もしません。

ただ、この世界は目に見えることが全てではないと言うことです。
例えば、電磁波、エネルギー、波動、電波、気配もそうですよね?

また、科学的に未解明なものも沢山あるでしょう。

このことを踏まえた上でこの先、読み進めて欲しいと思います。

例え健康体でこの世に生まれたとしても、生きていれば壁にぶつかる事もあります。
突然の事故や事件、あるいは病気になるかも知れません。

それが、後から障害や病気になるのと、産まれた時からあるのかだけの違いです。

そして、障害や難病になった人たちがその後みんな、不幸だと思いますか?

答えはNOですよね?

当人がその時その時幸せだと感じていれば、五体満足だろうがなかろうが、幸せ者なんですよ。

なのに、なぜ罪悪感を感じる必要がありますか?

人より過酷な経験をするかも知れません。
でもそれって、人より経験値が高まるって事なんですよ。

同じ環境下でも、幸せになれる人と慣れない人の違いは、
ここの捉え方次第なんですよ。

だから、幸せなのは環境や経験のせいじゃないし、
不幸なのも環境や経験のせいじゃないんです。

長くなりましたが、このような感じで、今より少しだけ気持ちが楽になれる捉え方も出来ると言うことを、
今日はお伝えさせてもらいました。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

公式ラインからもコメントやリクエスト受け付けてます♪

☆ランキングに参加してます。応援crickして頂けると励みになります☆(1日1回有効)

☆この記事がいいねって感じた方、気に入った方はポチっとして下さるとうれしいです(⌒∇⌒)


にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました