自己愛最幸!Happyな未来を引き寄せるために

引き寄せの法則を知り学び、実践することで日常に色んなhappyが!論より証拠で私自身の日々を不定期に更新していきます。

大ピンチ!!

time 2020/07/05

数あるサイトの中から当サイトにアクセスして頂き本当にありがとうございます!
初めましての皆様はプロフィールからどうぞ☆

このサイトでは、私の日常生活から、引き寄せの法則を実践することで、どんなことが起きているのかをお伝えしています。

もちろん、一見いい事ではないアクシデントもあります。
ただその出来事を自分の中でどう対処して、向き合うか?によってその後の展開は大きく変わります。

つまりは、負の連鎖にするのか? 断ち切るのか? 災い転じて福となるか?
パターンは様々です。

その前に、そもそも引き寄せの法則って何?
という方は、引き寄せの法則とは?からどうぞ☆

引き寄せの法則はなんとなく知ってるけど、もっと引き寄せ上手になりたいというかたは、引き寄せの法則豆知識を参考にして見て下さい☆

SNS含むフォロワーさん、応援clickして頂いている皆様には重ねて御礼申し上げます。
そして今後もよろしくお願いします(⌒∇⌒)☆

sponsored link

大ピンチ

6月後半、旦那の左手の浮腫と痛みが続き、ようやく落ち着いたと思ったら、今度は激しい偏頭痛で不眠状態。

それもようやく落ち着いたと思ったら、
6月30日
1本の電話(新聞の不着)で起こされる。
その後同様の内容で別のお客様から電話があり、
寝坊でもしたのかと担当配達員に電話するも出ず。

折り返しの電話で旦那が「寝坊した?」と聞いたところ、
本人じゃない人と話している様子。

配達員がこの日、配達痛に交通事故に遭い救急搬送されたとのことだった。

時間的に、配達始めてすぐだったことが分かったが、彼が1番多く配達している人だったんだよね。

地元民であること、若さと本人のやらせてくださいの言葉に甘えて、ずっと任せてたんたんだよね。

普通の人の2~3人分の配達量だったし、誰も彼のルートを知らない状況で、しかも月末だし、天気も最悪。

まさにタロットの塔のような衝撃です。

急いで各々準備出来次第出社したけど、問い合わせの電話が回線パンクするほど鳴りっぱなし状態。

でも、私と旦那だけではとても対応出来る状態ではなく、
天気も最悪で、地図見ながら配れる状態でもなく、
翌日他店の所長さん、本社の担当、次長など沢山の人たちが来てくれたけど、それでも、やりきれなくて、7月2日までの3日間はずーっと地獄だった。

その3日間は、私も寝不足だったし、食欲もなく、食べる時間もなく、配食もやりながらで、殺気立ってる男連中の中でただ女一人で、ひたすらに謝りながら、作業してって感じで、

4日目の7月3日
朝4:30
手伝いのために、回ってた従業員が細い道で、タイヤを用水路にはめて、バーストさせてしまって、次の仕事(本業)に遅れてしまうということで、迎えに行って、レッカーで車救出するまで待って、近隣住民に謝って、徐行運転で店まで向かって到着したときは8時過ぎ。

限界だった…。
久々に泣いてしまった。

昼の配食後、夕食の配食まで休ませてもらった。

嫌なことがあったときは、良いことが起こる前触れともいう。
または、結果チャンスに繋がってきたことも多かったから、
今回も、何かいいことが起きる前触れだと思いたい。

全く想像できないんだけどさ。

昨日から、臨配さん2名入ってもらってて、ようやく電話の嵐からは解放されたけど、慣れるまでは抜け等多少は続くし、旦那は再び朝刊作業に出るしかなく、本当に幸先が見えない状態なんだけど、生きてれば何とかなるよね??

色んな人たちと関わって、新聞業界の人間は、人でなしが多いことがわかったし、もちろん中には素晴らしい人もいるよ。

新聞業界とは関わりたくないから、早めに縁を切りたいと思ってる。
今回のことで、私はますます新聞業界が嫌いになった。

さて、この後、一体どんな展開が待ち受けているのだろうか?

私は、全く新しい何かを始めるチャンスが来ると思っているのだが??

今日のメッセージ

『どんな時も希望を捨てるな!』

今は見えなくても明けない夜はないように、生きてる限り朝は来るからね!
もう少ししたら、きっと証明できると思うから(⌒∇⌒)

ラインでの直接メッセージ・コメントも出来るようになりました!

☆ランキングに参加してます。応援crickして頂けると励みになります☆(1日1回有効)

☆この記事がいいねって感じた方、気に入った方はポチっとして下さるとうれしいです(⌒∇⌒)


にほんブログ村

sponsored link

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ポジティブ心理学



sponsored link

おススメの一冊