自己愛最幸!Happyな未来を引き寄せるために

引き寄せの法則を知り学び、実践することで日常に色んなhappyが!論より証拠で私自身の日々を不定期に更新していきます。

子供に対するイライラの原因

time 2019/08/22

数あるサイトの中から当サイトにアクセスして頂き本当にありがとうございます!
初めましての皆様はプロフィールからどうぞ☆

このサイトでは、私の日常生活から、引き寄せの法則を実践することで、どんなことが起きているのかをお伝えしています。

もちろん、一見いい事ではないアクシデントもあります。
ただその出来事を自分の中でどう対処して、向き合うか?によってその後の展開は大きく変わります。

つまりは、負の連鎖にするのか? 断ち切るのか? 災い転じて福となるか?
パターンは様々です。

その前に、そもそも引き寄せの法則って何?
という方は、引き寄せの法則とは?からどうぞ☆

引き寄せの法則はなんとなく知ってるけど、もっと引き寄せ上手になりたいというかたは、引き寄せの法則豆知識を参考にして見て下さい☆

SNS含むフォロワーさん、応援clickして頂いている皆様には重ねて御礼申し上げます。
そして今後もよろしくお願いします(⌒∇⌒)☆

思い通りにしようと思わないこと

最近、育児のことでのお悩み相談をうけるので、今回は育児についてのお話をしようと思います。

今回ご相談を受けた内容は、どれも共通点がありました。

まず、子供の年齢が中学~高校のティーンエージャーだったこと。

そして、なんど注意しても一向に改善されず、困っているということ。

同じ年代のこどもでも、大人同様十人十色です。
親の言うことに素直な子もいれば、反抗的な子、内気な子、お調子者などいろいろです。

中でも悩むのは、反抗的な子の場合が多いでしょう。

大人から見れば、目の前の危険性、またはその可能性を心配するがゆえの言葉も、理解できる子と出来ない子がいます。

出来ない子の場合は、自分で体験して気づく以外に方法はありません。

でもこれは、決して悪いことではないと私は思うんです。

失敗の話を聞きながらも、例え考えが甘いにせよ、自分が信じた道を突き進む根性があるってことですからね(⌒∇⌒)

だから言ったのに…。というタイプですね。

でもこの場合でも、私たち親が思うことは一緒だと思うんです。

それは、「我が子に、幸せになってほしい」という思いです。

これがすべてじゃないですか?

話し合いでわからない子の場合、他人への迷惑行為、違法行為を繰り返してるとかではない限り、親は、ぶつかりながらも、見守るしかないと思うんです。

どんなに血がつながった親子だろうと、こどもの人生は、こども自身のものなんです。

また、親にあらがう反抗期は、親離れの始まりでもあるんです。

そして、見方を変えれば、それは、自分の心に素直に行動してる証なんです。

それは、自尊心を持ってる現れでもあるんです。

それは、むしろいいことじゃないですか(⌒∇⌒)

ティーンエージャーは確かに、世間知らずで、考えも甘くて、大人からすれば心配の塊だけど、忘れないでください。

十人十色。

それもまた個性で、親離れの始まりなんだと。

沢山ぶつかることもあるけれど、
あなたを愛しているし、幸せになってほしいからこそなんだってことを伝えてください☆

自分の実体験での失敗も話してもいいでしょう。
それでも、自分はそうはならないと言い切るかもしれませんが、そのときは怒りではなく、広い心で、見守ってあげてください。

色々期待したり、自分の思い通りにしようと思うから、余計にイライラするんです。

ぱくたそ

子は親の鏡

「子は親の鏡」とは古くから言われていることですね。

そのままの意味合いもありますが、子供目線で親がどう映っているのか?
それにも因るってことですね。

親を見て、親のダメなところ、嫌いなところを、子供は自分はああはなりたくないという思いで過ごしています。

結果そうなってしまってることもよくある話なんですが…(;^_^A

例えば、親が自分の感情を押し殺していて、苦しんでいるのを目の当たりに生活していたらどうでしょうか?

感情を押し殺して、我慢ばかりしていた結果、心身共に弱っていく姿、あるいは不平不満ばかりを聞かされていたら?

自分はああはなりたくないって子供が思ったら?

きっと、逆のことをするのではないでしょうか?

時にこどもは、私たち大人に無自覚的に大事な人生のヒントを与えてくれる存在でもあります。

まずは、自分の意見の押し付けをやめて、ひとりの人間として向き合ってみることをお勧めします。

感情は伝染する

イライラは相手に伝わります。

だからこそ、イライラは更なるイライラを引きおこし、ストレスになるのです。

こどものことを考えて、イライラしたり、不安になるなら、思い切って子どものことからまったく別なことに意識を向けてみましょう!

自分が楽しく過ごしていれば、それもまた、周りに伝染します(⌒∇⌒)

ポジティブの連鎖です(⌒∇⌒)

イライラや不安は精神衛生上よくないですからね(笑)

ぱくたそ

な~んて、私が育児のことで偉そうなこと言える立場じゃないんですけどね(;^_^A

こんな私でも、頼ってくる仲間がいます。

私は、そんな人たちのほんの少しでも、幸せになるお手伝いやヒントになれればうれしいです。

ということで、こんな調子で、今後もブログ更新していきますので、よろしくお願いします(⌒∇⌒)

ラインでの直接メッセージ・コメントも出来るようになりました!

☆ランキングに参加してます。応援crickして頂けると励みになります☆(1日1回有効)

☆この記事がいいねって感じた方、気に入った方はポチっとして下さるとうれしいです(⌒∇⌒)


にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ポジティブ心理学



おススメの一冊