We are free

1歳児 引き寄せの法則豆知識

数あるサイトの中から当サイトにアクセスして頂き本当にありがとうございます!
初めましての皆様はプロフィールからどうぞ☆

このサイトでは、私の日常生活から、引き寄せの法則を実践することで、どんなことが起きているのかをお伝えしています。

もちろん、一見いい事ではないアクシデントもあります。
ただその出来事を自分の中でどう対処して、向き合うか?によってその後の展開は大きく変わります。

つまりは、負の連鎖にするのか? 断ち切るのか? 災い転じて福となるか?
パターンは様々です。

その前に、そもそも引き寄せの法則って何?
という方は、引き寄せの法則とは?からどうぞ☆

引き寄せの法則はなんとなく知ってるけど、もっと引き寄せ上手になりたいというかたは、引き寄せの法則豆知識を参考にして見て下さい☆

SNS含むフォロワーさん、応援clickして頂いている皆様には重ねて御礼申し上げます。
そして今後もよろしくお願いします(⌒∇⌒)☆

縛られてることなど何もない

本来、私たちは自由で、縛られることなど何もないはずなのに、まるで、自由を奪われてる感覚を常に抱いている人たちが多いのはなぜなのでしょうか?

それは、自分の心を監禁しているからです。

色んな理由から、思い切った行動、言動が出来ないでいるから。

今いる場所が辛いけど、離れることも出来ない。

そして、私たち人間は、理論だけでは動けない生き物だから、頭ではわかっていても…ということも多々ありますよね。

それは、当然。
だって、私たち人間って、本来心で動く生き物だから。

その心に、蓋をしたり、縛ったり、無視したりって、どんだけドSなんだって話ですよね(笑)

でも、それって、一見不可抗力のように見えて、すべて、自分がやってることなんだって気づいてる人、まだまだ少ないんじゃないかな?

一時的に、感情を押し殺すだけならまだしも、それを、常にしてると、そりゃ、心身ともに疲れちゃいますよ。

まじめで、優しくて、頑張り屋さんに特に多く見受けられることが多いんだよね。

周りの目(評価)ばかりを気にする人もそうだね。

誰の為に生きてるの?

私たちが肉体をもって、有限のこの世に生まれてきたのは、この人生を楽しむため。

それを、体験・体感するためなんです。

それを、忘れないために、感情というものがあるんです。

純粋に毎日を楽しみ、感情のままに生きている1歳児の目はキラキラです(笑)
だいぶ、大きくなりました(⋈◍>◡<◍)。✧♡(孫です)

楽しむために生まれてきたんだよ!

感情ナビゲーション

本来の目的と違う方向を向いてる時、私たちは、怒り・悲しみ・不安・恐怖といったネガティブな感情を抱きます。

逆に、本来の目的と合致しているときには、理屈なしで、喜び・感動・幸福感といったポジティブな感情を抱きます。

これを、感情ナビゲーションといいます。
よろしければ、感情ナビゲーションに関する過去記事もどうぞ。
https://hikiyose-life.com/2017/03/10/feelings-navigation/

私たちが1番努力すべきことは、上司や友人、家族のご機嫌取りなんかじゃなくて、いかに今を楽しむか?です。

同じ環境下でも楽しめる人とそうでない人の違いは、心の在り方だったりするものです。

そして、心の在り方ひとつで、自分のエネルギーも変わるし、それに伴って、寄ってくる人間も変わってくるし、相手の態度が変わることもある。

不思議でしょ?
でも、人間関係は本当に変わりますよ。

職場で苦手な人は、異動になったり、辞めたり(笑)

引き寄せの法則をうまく活用する上で、1番重要なことなので、是非マスターしてほしいですね。

そして、もう一つ、忘れがちだけど、これも本当に重要なことなのでいいますが、感謝の気持ちを持つこと。
これがないと、せっかくうまく活用出来て、色んな引き寄せに成功しても、感謝を忘れると、台無しになってしまいますから。

感情ナビゲーションを最大限に利用して、と同時に、感謝の気持ちをもつこと。

これは、セットです。

癖というのはなかなか抜けないものですから、最初は難しいかも知れません。
ついつい、感情に蓋をしたりとドSなことを、しちゃうかも知れません。

でも、意識をすることからすべては始まるのです。

まずは、ここで努力してみてください。

積み重ねが大事です。応援してます(⌒∇⌒)

ラインでの直接メッセージ・コメントも出来るようになりました!

☆ランキングに参加してます。応援crickして頂けると励みになります☆(1日1回有効)

☆この記事がいいねって感じた方、気に入った方はポチっとして下さるとうれしいです(⌒∇⌒)


にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました