ポジティブ思考への架け橋

虹 引き寄せLife

数あるサイトの中から当サイトにアクセスして頂きありがとうございます!

桜もあっというまに散ってまた別の花が咲いている。
24時間という時間、今という時間、一瞬一瞬を大切に過ごせたら素敵ですよね☆
優先順位大事ですよ!エッセンシャル思考の本読んで痛感しました。

↑これは本当にオススメです。

読書っていいですねぇ!新しいことに気づかせてくれる人生のヒントが沢山詰まってるもの(⌒∇⌒)

ポジティブ思考への架け橋

例えばあなたが完璧な健康を意識しているとしましょう。
あなたは健康そのもので、元気いっぱいの自分を思い描いています。

ある日、あなたはお友達と一緒に食事をすることになりました。
するとそのお友達が自分の病気の話を始めたとします。
あなたはその話を聞きながら、とても不安で落ち着かない気分になる。

それはあなたの「感情ナビゲーションシステム」が働いて、
今聞いてることや考えてること(友達の話が)自分の意図(願望)と調和していない(一致していない)と教えているのです。

余談:私がたまにこんな気分になるのは主人の説教が始まったときです(笑)

そこであなたは話題を変えようとはっきりとした意思を持って、話題を変えようと試みるが、友達はすっかり話に夢中になって、病気の話題から離れようとしない。

するとまた、あなたの「感情ナビゲーションシステム」が発動して警告のベルを鳴らす。

ここで、一つ注意して欲しいのは、
暗いネガティブな感情がわく理由は、お友達があなたが欲しないことを話しているからという理由だけではない。
ということです。

確かに一因ではあるけれど、それ以上に大きいな原因は
あなた自身が自分の欲求とは逆のことを信じている証なのです。

友達との会話は、もともとあなたが抱いている、元気でいたいという欲求と矛盾するあなたの信念を活性化したに過ぎないのです。
つまり、友達と離れたり会話を打ち切ったりしても、もともと持っているあなたの信念は変化しないということです。

あなたは、ネガティブな信念を抱いているたった今からスタートして、元気でいたいという欲求に調和する信念に向けて、ポジティブ思考への橋を徐々に掛けなくてはならないのです。

「感情ナビゲーションシステム」の発動によって、暗いネガティブな感情が湧いたらいったん立ち止まって、
「いったい自分は何をかんがえていたのだろう?」
と振り返るといいです。

きっと自分の欲求とは逆のことを考えていたことに気づくでしょう。
望まないことが明白になれば、望むことも明白になります。

その結果が例えば、「今年もインフルエンザが流行する季節になったな」と考えていたとします。
と同時に過去にインフルエンザに掛かって辛い思いをしたことを思い出したかもしれない。

それは、健康で元気でいたいあなたの願望とは一致しませんね?
だから、「感情ナビゲーションシステム」が警笛をならしたというわけです。

そこで、こんな感じで橋を架けてみてはどうでしょう?

橋の架け方

「今頃の季節はインフルエンザにかかりやすい」
「今年はインフルエンザにかかりたくない」
「今年はインフルエンザにかからないことを望む」

「今年は猛威を振るっているみたいだから、みんなインフルエンザにかかるようだ」
「いや、それはおおげさだ。全員がインフルエンザにかかるわけじゃない」
「それどころか、わたしだってインフルエンザにかからないで済んだことが何度もある」
「必ずインフルエンザにかかるわけではない」
「過去にインフルエンザにかかった時は、まだ自分で経験をコントロール出来ること(引き寄せの法則)を知らなかった」
「今は自分の思考のパワーを理解しているから、状況は変わったのだ」
「今は『引き寄せの法則』のパワーを理解している。だから状況は変わった」
「今年インフルエンザを経験する必要性は全くない」

「自分が望まない経験をする必要性もない」
「経験したいことのほうへ思考を向けることは可能だ」
「望む経験をするほうへ人生を動かしていこう。そう考える方が気分がいい」

上記は飽くまで一例ですが、少しづつネガティブな思考からマシな方へと転換させていくというやり方です。
根っからのネガティブさんでもこれなら、少しずつ橋を掛けれますよね!

これで、あなたは最初とは違う信念へと橋を架けました。
ネガティブな考え方が戻ってきたら(しばらくはそれまでの引き寄せの法則の影響で戻ってしまうでしょう)意識して思考を気分がマシになる方に向ければいいのです。
続けていれば、ポジティブな波動の力のほうがどんどん強くなり、やがてはネガティブな考え方はしなくなります。

私がそうでしたので自信を持って言い切れます!(^^)v

職場で嫌な人への思考体験談

多分どこの職場でも少なからず苦手な人や、もしくは残念な人間性で嫌われてる人っていると思います。
わたしの職場でもいます。
基本噂話は適当に右から左に流すのですが、確かに嫌なやつだなって場面に出くわしたとき、そういうことねって思ってしまった私。

因みに、引き寄せの法則を実践していくと、初対面で自分と合う人、合わない人とがわかるようになってきます。

とはいえ、職場ですので関わらないわけにもいかないのがネックですよね。

嫌な場面を見たとき、「わたしには関係ない」と思うことにしてるし
「そういうとこだぞ!」
って受け流すようにしてます。
いつまでも考えません。ただ幼稚だなとか、あんまりひどい人に対しては、病気だと思うことにしてます(笑)

私が苦手なその人は、一つ一つの動作に都度報告を徹底して欲しいとのことだったので、めんどくさって最初は思ったりもしたんですけど、逆に捉えて、「頭使わなくていいじゃん」って結果になりました(笑)

今では、その人がリーダーだったりするときには、これでもかってくらいに1作業都度報告して、指示だしに時間がかかってるときは適当にやり過ごしてます♪

嫌なやつがいようと、私が気にしなければ不愉快になることなんてないことを知ってるからね。
空気のごとくですよ(笑)

ただ目の前の作業に集中する。
そして、介護福祉士として、私の最優先事項はケガをさせないこと。
それだけです。

周りの雑音なんて関係ないんです。
楽しいことには参加して、それ以外は心に踏み込めないようにする。
そうすると、必然的に楽しいことだけで満たされていくじゃないですか(^^)v

余計なことは考えないに尽きます(笑)

今本当にやらなきゃいけないことだけに集中する。
それだけなんです。

お知らせ:ラインでの直接メッセージ・コメントも出来るようになりました!


☆ランキングに参加してます。応援crickして頂けると励みになります☆(1日1回有効)

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました