人身事故の罰金について

通知所 引き寄せLife

数あるサイトの中から当サイトにアクセスして頂き本当にありがとうございます!
初めましての皆様はプロフィールからどうぞ☆

このサイトでは、私の日常生活から、引き寄せの法則を実践することで、どんなことが起きているのかをお伝えしています。

もちろん、一見いい事ではないアクシデントもあります。
ただその出来事を自分の中でどう対処して、向き合うか?によってその後の展開は大きく変わります。

つまりは、負の連鎖にするのか? 断ち切るのか? 災い転じて福となるか?
パターンは様々です。

その前に、そもそも引き寄せの法則って何?
という方は、引き寄せの法則とは?からどうぞ☆

引き寄せの法則はなんとなく知ってるけど、もっと引き寄せ上手になりたいというかたは、引き寄せの法則豆知識を参考にして見て下さい☆

SNS含むフォロワーさん、応援clickして頂いている皆様には重ねて御礼申し上げます。
そして今後もよろしくお願いします(⌒∇⌒)☆

人身事故の罰金について


先日旦那の人身事故の件で、罰金の金額が決まった通知が来ましたが、早くも納付書も届きましたよ。
こちらが申請してお金を貰うのには、何枚もの書類提出が必要だったり、申請から受給までの期間が1ヶ月後とかざらなのに、お金払ってもらうための通知はまぁ早いこと早いこと(-_-;)

早いのは納付期限もです。
納付書が届いて2週間足らずの期限付きです。
今回の罰金額は20万ですが、場合によってはもっと高額の方もいらっしゃることでしょう。
ちなみに今回は、横断歩道じゃなく、車通りの多い傾斜道路を旦那は下りを走行中、ライトが眩しい対向車と対向車の間から、高齢の女性が横断してきてたのが、助手席に乗ってた人も、旦那も気づかず(おそらくはライトの光で見えにくかったのでしょう)気づいた時には渡りきる直前で左前方にて女性と衝突。全治2ヶ月の重傷を負わせるといった内容なのですが。
当時は目撃者も多く、飛び出してきたその人が悪いんだよと言ってる方もいたようです。

上記の通知書には、2枚目以降全面的にこちらの不注意による内容での罪名が記されています。
略式裁判なので、何か言われても異議を唱えたら略式では済まされなくなるし、時間も掛かりますから、書類作成時に内容の確認をする際に適当に返事した結果です。
旦那を担当した方は相当態度悪かったらしいです。後から話を聞いてた私ですら酷いと思いましたもん。

いくら歩行者が悪かろうと、罪人扱いです。
罰金の分割などもありません。
払えないも通用しません。保釈金のようなものです。
記述の通り、払えない場合は、1日5000円で労役場での強制労働です。

この上にさらに、後日免停の通知もくるはずです。

今回我が家では、旦那の勤務中の事故により、社長が立て替えてくださるってことで労役所行きは免れますが…。

昨今多い高齢者の人身事故。
明日は我が身です。
気を付けて、安全運転で歩行者さんも気を付けていきましょうね☆

個人的な意見ですが、飛び出しでケガないし死亡するのは飛び出した方の過失が大きいと思います。
むしろ、それに当たってしまった運転者またはそのご家族が1番の被害者だと私は思います。
人に迷惑かける横断は止めましょう☆
そう切に願わずにはいられない出来事でした。

2019年7月補足

いつまでたっても、免停の通知が来なかったので、免許の更新時を恐れていたのですが、無事に更新できました。
ということで、今回は罰金刑のみで大丈夫だったみたいです。

☆ランキングに参加してます。応援crickして頂けると励みになります☆(1日1回有効)

☆この記事がいいねって感じた方、気に入った方はポチっとして下さるとうれしいです(⌒∇⌒)


にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました